読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドナルドトランプさん

こんにちは。

車がないと生きていけない田舎に住む わしのりよ です。

 

私はよく周りの人から「着眼点が変わっている」と指摘されます。

今日はこの変わった着眼点を使って『ドナルドトランプさん』について

私なりに思ったことを書きます。

 

私はTwitterの自己紹介欄に『ミスユニバースが好き』と記しています。

なぜ好きなのか?単純にお美人さんが好きなだけです。

理由がこれだけだと「変態か?」と思われそうですね。

違います。実は奥深い世界だから好きなのです。

 

あら。タイトルが『ドナルドトランプさん』なのに

いきなり私のミスユニバース考に話がそれてしまったので戻します。

 

米国次期大統領 ドナルドトランプさん。

ミスユニバース機構のオーナーでした。

 

2002年のミスユニバース世界大会優勝者はロシア人。

彼女は優勝者に義務付けられた任務を果たすことができず

任期中タイトルを剥奪されました。

歴代最低のミスユニバースとしてドナルドトランプさんは

彼女の名前をあげていたので私は、この方はロシアが嫌いなのかなと

勝手に思っていました。

 

ところが、2013年のミスユニバースを選ぶ世界大会が

ロシアで開かれたのです!!

私は当時強い衝撃を受けました。

ドナルドトランプさんは何を考えているのだろう?

経営者だから損得勘定で動いているのか?

私の頭の中は疑問しかありませんでした。

 

今となってはこの時点でドナルドトランプさんが大統領になる!

と決めていたのだとしたら戦略家すぎて怖くなります。

 

選挙期間中に発覚した女性蔑視発言には頭が痛くなり怒りも覚えましたが

20年近くの間ミスユニバース機構のオーナーとして

アメリカのティーンエイジャーや27歳以下の世界中の女性に

チャリティ活動を通して社会を見せる

チャンスを与えていた点は素晴らしいと思います。

(優勝者はトランプタワーに住み活動を展開していきますからね)

また、2013年の世界大会に性転換をしたカナダ代表が

ドナルドトランプさんの鶴の一声で出場できるようになったとき、

この方は差別主義者ではなく先進的な考えをお持ちの方なんだなと思ったものです。

 

選挙期間中、ドナルドトランプさんはマスコミから

あまりよく言われていなかったけど、

ミスユニバース機構のオーナーだったという視点で見た場合

私は彼が差別主義者には見えませんでした。

むしろ、人にもよるのでしょうが高齢男性の口の悪さは

世界共通なんだと思い知りました。

また、人の心の中と口から出てくる言葉や思いの乖離が大きいことも。

 

 12月19日の選挙人投票が終わらないとどうなるのかわかりませんが

とてつもない戦略家ドナルドトランプさんが大統領就任後どのような政策をとるのか、今からわくわくします。

 

プーチン大統領やドゥテルテ大統領を見ていても戦略家すぎてめまいがします。

戦略家のリーダーが世界中にいる中で日本はどうなっていくのか?

この点も気になります。

 

願わくば、世界から日本がいいように使われ日本が弱体化しませんように。