読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い猫りよちゃん、野良猫あやちゃん(仮名)のたくましさを目の当たりにする①

こんばんは。

 

わしのりよ です。

 

先日ダーウィンが来た!『潜入!秘密のネコワールド』を見ていました。

終盤、飼い猫が野良猫に餌を取られるシーンが出てきたのですが、

その飼い猫が“まさに私”そのものでした。

私も餌を取られたことで初めて社会の厳しさの一面を知ったのです。

 

飼い猫りよちゃんは24歳のとき、野良猫あやちゃん(仮名)と出会い

同じ部署で働くことになりました。

 

りよちゃんの出身高校はあやちゃん(仮名)の出身校と共通点がありました。

両者とも私立の女子校の(同じ田舎の)お嬢様校出身。

 

りよちゃんは、はじめてあやちゃん(仮名)が食事をしている姿を見たとき、

「この子お嬢様ではない」とすぐに気づいてしまいました。

あやちゃん(仮名)と女子校時代の話や家人の話をしていても、りよちゃんの腑に落ちないところが多々ありました。

りよちゃんはすぐにあやちゃん(仮名)の最終学歴は高卒ではない。彼女は学歴詐称している、と気づいてしまいました。

りよちゃんはそういうことに気づいても、本人や周囲に話すのではなく、

自分の胸の内にしまっておきました。

 

りよちゃんがあやちゃん(仮名)と働き始めて4ヶ月経過したとき、あちゃん(仮名)は部署移動しました。彼女が移動するにあたり、上司と彼女が採用を決めた新しいパートさんが入ってきました。

 

そのパートさんは横領をして1年経たないうちに会社を去りました。

 

この事件は私と昔からこの部署で働いていたパートさんを疲弊させました。

 

あやちゃん(仮名)がいた頃まで 社員2人、パート1人体制⇒計2.5人体制

あやちゃん(仮名)が移動した後 社員1人、パート2人体制⇒計2人体制

横領したパートが去った後    社員1人、パート1人体制⇒計1.5人体制

 

疲弊しながらも1.5人体制で部署をまわしてきましたが、

限界が近くなったので移動をしたあやちゃん(仮名)に

内々でヘルプ要請をしました。

内々で要請したのですが、直後に上司から連絡が入り、

りよちゃんは上司から激怒されたのです。

 

りよちゃんは昔からいたパートさんと「二人で乗り切るしかないね。」と励ましあいながらこのパートさんの退職日までお互いに仕事を全うしようと決めました。

このパートさんは上記の横領が発覚したとき最初に犯人扱いをされ、会社に見切りをつけ退職することになったのです。

 

ある日、お局様が上司を諭したのか何なのか不明のままなのですが、

上司がりよちゃんの元に「話がしたい」とやってきました。

 

つづく。