読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い猫りよちゃん、野良猫あやちゃん(仮名)のたくましさを目の当たりにする②

上司から話がしたいと言われてもこちら側はない。

野良猫あやちゃん(仮名)に内々でヘルプを要請した直後に

上司から激怒されたとき、この上司は既に野良猫あやちゃん(仮名)の

掌の上で遊ばれている事実を飼い猫りよちゃんは

嫌というほど思い知ったから。

 

上司からの話は低レベルすぎて時間の無駄にしかならなかった。

ただ、野良猫あやちゃん(仮名)が移動するとき、

お局様から飼い猫りよちゃんは社員にも関わらず、

「あんたは仕事ができないから経理は新しいパートにやらせて。

新しいパートは仕事ができるのだから。あんたは一切やらないで。」

と指示を出された事実。

 

この事実を上司が把握していなかったとは到底思えなかったので、

昔からいたパートさんが横領なんかできるわけがないので謝罪することと

飼い猫りよちゃんの負担が大きすぎるので早く社員2名、パート1名体制に戻してほしいと上司に言い、話が終わった。

 

上司は昔からいたパートさんに謝った。

その日の夜。

飼い猫りよちゃんはそのパートさんから伝えたい事があると言われ食事をした。

 

パートさんから「飼い猫りよちゃんが不憫に思えてしょうがない。」と言われ、

野良猫あやちゃん(仮名)が飼い猫りよちゃんに仕組んだこと等を教えてくれた。

①上司達から飼い猫りよちゃんが「仕事ができない」と言われる状況を作ったのは野良猫あやちゃん(仮名)。

②飼い猫りよちゃんがこの会社に入るまで、野良猫あやちゃん(仮名)が「お嬢様」と思われていた。でも本物の「お嬢様」が入ったことが野良猫あやちゃん(仮名)のコンプレックスを相当刺激したのではないか?

③飼い猫りよちゃんの給料が少ないのは「新人に仕事を教えると負担が増えるから野良猫あやちゃん(仮名)が新人の給料を下げて私の給料を上げて。」と上司に頼んだから。

⇒こんなんで昇給させる上司もアホ。上司は飼い猫りよちゃんの負担が増えても給料を上げなかった。人生不公平!!!

④飼い猫りよちゃんは人を疑うことをしなさすぎる。

⇒相手から攻撃されるだけではなく、相手の術中に簡単に落ちてしまう。

 

飼い猫りよちゃんはパートさんの話を聞いてつらくなったけど、

①の「仕事ができない」ということに関して実態は違う。飼い猫りよちゃんはミスがなかったから、社員のミスのフォローでパートの私の時間が潰されることは一度もなかった。飼い猫りよちゃんとの仕事が一番楽だった。

と言われたことがせめてもの救いだった。

 

その後、飼い猫りよちゃんは経理も担当し負担が増える一方だったが

仕事はこなした。

しばらくすると、

お局様から「あんたが担当するようになって私の仕事が楽になった。」

と言われ、お局様の態度が急変した。

 

アホらしっっっ!!!!!

 

 

つづく。