読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一言声をかけられない?

こんにちは。

 

わしのりよ です。

 

わしの家の敷地内で山菜が芽をだすころ、

毎年毎年、一体どこから現れるのか

私や家人とは何の面識もない方が山菜を摘みに

わんさかとやって来ます。

 

正直に言うと、私有地に何の面識のない

人がいると怖いのでやめてほしい。

もしくは、「山菜を取らせて」と

一言声をかけてほしい。

同じ敷地内に家があるのに視界に入らないのですか?

 

ここ何年か声もかけずに

勝手に私有地へ入り、土地を汚しながら

山菜摘みを行う高齢者が多くなってきた。

 

そういう人へ

「ここ私有地ですよ」と声をかけても

「神社お寺の土地かと思った」と返答する。

 

神主や住職に許可を取ろうとしないのか?

素直に謝罪ができないのか?

 

 

不法侵入をする前に

法務局へ行って

地主が誰か調べたらどうですか?

 

あまりこういうことを言いたくはないのだが、

この手の人は野放図が多い。

 

素直に一言「ごめんなさい」と言えばいいものを

「遠方から知人が来るから山菜を食べさせてやりたかったの」

「被災地にいる親戚に山菜を送ってあげたいの」

等々、言い訳ばかり。

もしくは、いつまでもふてぶてしく山菜を摘みまくる。

 

常識が通用しない!!

 

こちらとしては本当に一言

「山菜を取らせて」

と声をかけてくれればいいんです。

 

これから私有地で山菜泥棒を見つけたら

 

遠慮なく警察へ通報しようかな。

 

野放図が多すぎてもううんざり。