銀座シックス(GINZA SIX)へ行ってきたよ

こんばんは。

 

わしのりよ です。

 

久しぶりのブログ更新です。

 

人口密度と自宅建ぺい率が低い田舎に住む私が

お盆休みに銀座へ行ってきました。

 

何て言ったらいいのでしょうか?

都会のキラキラとした眩しさ、インフラやサービスの

充実っぷりに田舎人の私はただただ圧倒されてしまいました。

(人の多さに妙に疲れて酔ってしまい帰宅後発熱というおまけつき・・・・・・。)

 

まず、銀座シックスへ行きレストラン

ソルトグリルアンドタパスバー バイ ルークマンガンで昼食を頂きました。

コース料理が一人3000円位だったかな?

私はメインがハンバーガーのコースをお願いしたのですが、

オーストラリア料理のせいかボリュームがありました。

飲み物を注文しないとお店の利益が出るのかな、

と心配になるぐらいのボリュームでした。

最後に頂いたデザートのチョコレートのタルトも味が濃厚で美味。

私にとって量が多かったのでハンバーガーについていたフライドポテトや

デザートを半分残してしまったのですが、

おそらく私の住む田舎ではお目にかかることがないタイプの

とても美味しいお料理でした。

 

その後、館内をいろいろと見て回りました。

蔦屋書店を見た瞬間、感嘆のため息が出てしまいました。

地元では見たことのない歌舞伎の本等が置いてあり、

書店員さんに聞いてみたら、「銀座蔦屋書店オリジナル」とのこと。

なるほど。「ここにしかないもの」なんですね。

蔦屋書店は知的好奇心を刺激されるとてもおもしろい場所でした。

長く滞在時間があれば、書店内を隈なく巡りたかったです。

 

今回、何の下準備もしないで銀座シックスへ行ったのですが

まさか、一流のアート作品をお目にかかることができるとは・・・・・・。

さすが銀座。

 

一生に一度は見てみたいと思っていた草間彌生さんの作品。

f:id:r_washino:20170906210723j:plain

 

観葉植物好きの私が

本物の観葉植物を土がない状態で枯らすことなく

植物を垂直で壁に埋め込み、魅せる作品として存在させることのできる人って

どんだけ天才なの、と驚きつつ目を皿のようにして見た作品。

帰宅後ホームページを確認し、パトリックブランさんの作品だと知りました。

いつかパトリックさんのトークショーとか銀座シックスで行われるとしたら

行きたい!!自然の摂理と相反する状態なのにこんなに植物が生き生きしている

不思議な状態を解説して欲しいです!!

f:id:r_washino:20170906210735j:plain

 

チームラボさんの作品かな、と思いつつじっくりと見てしまった作品。

何が凄いってデジタル作品だと頭ではわかっているのに霧が見えたとき

本物の霧?と錯覚してしまい思わず手を伸ばして触れようとしてしまった

(自分で私の手がこの作品に届く距離にいないとわかっているのに!!)。

f:id:r_washino:20170906210742j:plain

 

草間彌生さん、チームラボさん。

いつか見に行きたいなと思っていた両者の作品を銀座シックスへ行っただけで

見られるとは・・・・・・。

東京って本当に何でもあるところですね。

 

田舎にも田舎の良さがあるし、ネットで何でも買える今、

田舎暮らしで不便を感じることはないのだけど、

東京でスマホを使ったとき、地元では絶対に表示されない

LINEデリマの広告が表示されたとき

やはり東京はあらゆる全てのことで最先端を走っていると実感しました。

 

東京へ行った感想はまだあるので後日ブログに書こうと思います。

 

 

終わり。